インプラント手術が受けられない人

インプラントには治療には適さない人もいます。まず、まだ顎が成長過程にある方の場合、見た目や仕上がりに影響が現れるため行うことができません。1型糖尿病の方も細菌による感染が起こりやすいため、治療を行うことができません。放射線治療を受けている方も、麻酔を行うと骨髄炎を引き起こすことがあります。また、治療に適さないけど治療の余地がある方は、口腔内の清掃状態が悪い、歯周病、顎の骨量が足りないといった方の場合は、生活習慣の見直しや、医師からの治療を行うことで治療を行うことができます。

インプラント治療のメリット

インプラント治療には、従来の治療と比べて様々なメリットがあります。インプラント治療は、歯がなくなってしまった部分に人工の歯根を埋め込む治療のことです。最大のメリットとしては、自分の歯のような感覚があるということです。そのため、入れ歯のように取り外す手間がない、近隣の歯に与える影響を少なくできるといったメリットがあります。また、安全面においても局所麻酔と鎮静法が用いられるため、痛みを感じることがありません。

↑PAGE TOP